下顎前突症例

下顎前突症例 :
反対咬合とは、俗に“受け口”といわれるように、下の前歯が上の前歯より前方にでている状態をいいます。 これは、遺伝的な上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっているもの、歯の位置や傾きの異常によって起こっているものなどが考えられます。

成長期に下顎前突が認められる場合、今以上にその状態が悪くなる可能性があります。 そのため、より悪化したその状態を改善するには、健全な歯の抜歯を併用しなければならなくなる可能性が高まります。

またその状態が極めて重度の場合、手術を併用して骨の位置から改善しなければならないこともあります。

 

下顎前突症例その1

下顎前突症例1 治療前
(※写真をクリックすると拡大されます。)

down_arrow

下顎前突症例1 治療後
(※写真をクリックすると拡大されます。)

 

もう少し詳しく変化を見てみましょう。

下顎前突症例1 治療前2
(※写真をクリックすると拡大されます。)

down_arrow

下顎前突症例1 治療後2
(※写真をクリックすると拡大されます。)

 

下顎前突症例その2