叢生症例

叢生症例 :

叢生(そうせい)とは顎の大きさに比べて、歯が大きいことが原因で、歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。

歯ブラシがしにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言えます。

叢生症例その1

八重歯を気にされている中学生です。

治療に要した期間は3年です。

叢生症例1 治療前(※写真をクリックすると拡大されます。)
down_arrow

叢生症例1 治療後(※写真をクリックすると拡大されます。)

 奥歯の噛み合わせがしっかりし、前歯のガタガタもなくなりました。

 

叢生症例その2

前歯のガタガタと出っ歯を気にされている中学生です。

治療に要した期間は3年です。

叢生症例2 治療前
(※写真をクリックすると拡大されます。)

down_arrow叢生症例2 治療後
(※写真をクリックすると拡大されます。)


上の前歯の出っ歯が解消され、口元がすっきりとしました。